みこまのノート

サークル「そなちねあらむにゅえ(Sonatine à la Menuet)」のことだったり音楽のことについてなどなど

(私が)同人アレンジCDを出すまでの流れ

 

意外と聞かれることがあったので、それならばいっそのこと記事にしてしまうと思いまして。ただしあくまで私の場合です。私以外の方に役に立つが全くわかりませんが、それでもお役に立てましたら嬉しく思います。

それではまず大まか流れですが

①コンセプト・曲目決める

耳コピ・アレンジ

③レコーディング・マスタリング

④ジャケット作成(依頼)

JASRACに申請

⑥ジャケット印刷・CD作成(手焼き)

の6つに分けることができます。

細かく見ていきましょう。

①コンセプト・曲目を決める

まずこれを決めなければどうにもできません。とにかく決めましょう。

私の場合はどのアイドルで出すかをまず決めてしまい、そこから曲目を選んでいく感じです。一応コンセプトとしては「ゆったりとしたピアノアレンジ」というのを考えてはいました。(が、正直アレンジしていく過程で見えてきたところもあります。)

耳コピ・アレンジ

曲目が決まれば耳コピです。私の場合、耳コピとアレンジはほぼ同時並行で進んでいきます。耳コピする時、ピアノでどう弾くべきかというのがぼんやりと浮かんでくるんですが、正確ではないし、聞き取れない部分もあるのでそういうところは「ハヤえもん」というアプリ(http://hayaemon.jp/)などを使って丁寧に拾っていきます。(それでも正確に聴き取れないところがあるのですがそれはもう許してください......)

③レコーディング・マスタリング

練習したら今度はレコーディングです。私の場合は1曲あたり3,4時間もかかります()

ミスタッチの多い下手くそピアノ弾きなのでそのくらいかかります。

基本スタジオを借りて行うことになりますが、自分でレコするか、それともプロにお願いするかは完全に予算との相談です。私はプロにお願いするお金などないので、マイキングからミックス、マスタリングまで自分で行います。ピアノのレコーディング、マスタリングなんてノウハウのっているサイトもあまりないのでほぼほぼ勘です。ここに書いたら、プロの方から怒られてしまいそうなので書きません。(私に言ってくだされば教えます。。。。)一応使っている機材だけ書いておきます。

(マイク)AKG P170 × 2

(レコーダー)ZOOM H6

DAW)Logic Pro X

④ジャケット作成(依頼)

④とはしましたが順序的にはコンセント、曲目が決まったあとあたりになります。

私の場合知り合いの方にお願いしてしまっていますが、どうしても周りにいない!という場合は、イラスト依頼サイトなどがありますのでそこで依頼する形になります。

もちろんジャケットなしというのも一つの手です。見栄えはアレですが。

JASRACに申請

これだけは忘れてはいけません。初めての方はここが意外とめんどくさいところになるかと思います。しかし、これを忘れるともっと面倒なことになりかねませんので忘れずにやりましょう。たとえ無料で頒布する場合でも申請は必要です。

注意する点といえば、CD頒布の場合とダウンロード頒布の場合では申請先が異なるという点です。CD頒布の場合はJ-RAPPですがダウンロード頒布の場合J-TAKTで行うことになります。CD、ダウンロード頒布両方を行う場合、両方での手続きが必要となります。

また、初回申請時は郵送での申請が必要となるため時間がかかります。最低でも1週間はかかりますので、時間に余裕を持って行いましょう。

⑥ジャケット印刷・CD作成(手焼き)

JASRACから許諾番号が発行されたら、ようやくCD作成です。

CD盤面とジャケットの見える位置にJASRACマークと許諾番号を表示刷ることが義務付けられてますので忘れずにつけましょう。

ここで自分で刷るか、それとも業者にお願いするかは部数と予算次第です。

50部以下なら手焼きでもどうにかなりますが、100枚以上となってくるとPCとドライブを複数台持っていないと時間がかかりますので業者を使うのも手だと思います。

私はジャケットのみ業者に依頼してCDは自宅で盤面印刷を行いデータを焼いています。

⑦頒布!

本当にざっくりではありますが、こんな感じです。

他にも同人CDの出し方について詳しく乗っているサイトはありますので、そちらを参照していただくか、対応できる範囲でしたら私でも相談にはお乗りいたしますのでよろしくおねがいします。

それでは。